イチオリガーゼ ロゴ

市川織布工場は愛知県蒲郡市(三河地方)にある織物工場です。
小さいながらも、織物をつくることに真剣に取り組み、
大切にモノづくりをしてきました。
様々な織物の柄や組織を考えて来た私達が、
特にこだわりを持っている 多重織りガーゼは
使って頂くお客様の喜ぶことを一番に
本物を追求したいと考えました。

決して派手では無いけれど、長く使って愛される生地づくりで
お客様に悦んで頂けたらと強く願っております。


織物を決めるうえで重要なのは、織物の規格です。
その中には、織柄(組織)だけでなく、
糸の太さや素性、また組織との相性
さらには晒しなどの仕上加工も一部です。
織物の規格によって良し悪しが左右されるのです。
その要素のひとつで糸をどのように選定するかも 重要です。
厳選された、国内の紡績糸を用いて、より肌触りを追求しました。



過去、数十年にわたり、多重織りを織ってきましたが
織物工場ならではの技術の蓄積により、本当にいいものが生まれました。
それは、数百にもなる、試織の中で培われ、生み出された生地といえます。



多重ガーゼにも、いくつか種類があります。
シングルガーゼを縫い合わせた物から、
絵柄を織りあげるものまで様々です。
それぞれの層を同時に織ることで生まれる空気の層。
どちらにもこだわりを持って織り上げられた生地は、
今までの多重ガーゼとは 一味も二味も違う、
贅沢な風合いとなりました。